Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) ベンチマーク、テスト、および仕様

最終更新:
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)には10コアと10スレッドがあり、2に基づいています。 Apple M seriesシリーズの遺伝子。 プロセッサはQ1/2023でリリースされました。 Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) は、Geekbench 5 シングルコア ベンチマークで 1,874 ポイント を獲得しました。 Geekbench 5 マルチコア ベンチマークでは、結果は 12,224 ポイントです。
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)

CPU系統

Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) を分類したセグメント。 たとえば、これがデスクトップ プロセッサなのかモバイル プロセッサなのか、またはどのプロセッサが Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) の後継となる可能性があるのか​​を一目で確認できます。

姓: Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
家族: Apple M series (25)
CPUグループ: Apple M2 (8)
アーキテクチャ: M2
セグメント: Mobile
世代: 2
前任者: Apple M1 Pro (10-CPU 14-GPU)
後継: Apple M3 Pro (11-CPU 14-GPU)

CPU コアとクロック周波数

Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) には 10 の CPU コアがあり、10 のスレッドを並列で計算できます。 Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) のクロック周波数は 0.66 GHz (3.50 GHz) です。 CPU コアの数はプロセッサの速度に大きく影響し、重要なパフォーマンス指標です。

CPU コア / Threads: 10 / 10
コアアーキテクチャ: hybrid (big.LITTLE)
A-Core: 6x Avalanche
B-Core: 4x Blizzard
ハイパースレッディング / SMT: いいえ
オーバークロック可能: いいえ
A-Core クロック周波数: 0.66 GHz (3.50 GHz)
B-Core クロック周波数: 0.60 GHz (2.42 GHz)

人工知能と機械学習

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサーは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサーよりもはるかに高速に処理できます。 ML のアルゴリズムは、ソフトウェア経由で収集したデータが増えるほどパフォーマンスが向上します。 ML タスクは、従来のプロセッサよりも最大 10,000 倍高速に処理できます。

AIハードウェア: Apple Neural Engine
AIの仕様: 16 Neural cores @ 15.8 TOPS

内部グラフィック

Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) には、略して iGPU と呼ばれる統合グラフィックスが搭載されています。 具体的には、Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) は、2048 テクスチャ シェーダーと 256 実行ユニットを持つ Apple M2 Pro (16 Core) を使用します。 iGPU は、システムのメイン メモリをグラフィックス メモリとして使用し、プロセッサのダイ上に配置されます。

グラフィック: Apple M2 Pro (16 Core)
グラフィック クロック周波数: 0.45 GHz
GPU (ターボ): 1.40 GHz
ユニット: 256
Shader: 2048
Hardware Raytracing: いいえ
リリース日: Q1/2023
最大画面サイズ: 3
Generation: 2
Direct X: --
技術: 5 nm
最大メモリ容量: 32 GB
Frame Generation: いいえ

ハードウェア コーデック サポート

ハードウェアで高速化された写真またはビデオ コーデックは、ビデオの再生時にプロセッサの動作速度を大幅に高速化し、ノートブックまたはスマートフォンのバッテリ寿命を延ばすことができます。

h265 / HEVC (8 bit): 復号化/符号化
h265 / HEVC (10 bit): 復号化/符号化
h264: 復号化/符号化
VP8: 復号化
VP9: 復号化/符号化
AV1: いいえ
AVC: 復号化
VC-1: 復号化
JPEG: 復号化/符号化

RAM & PCIe

プロセッサは、2 (Dual Channel) メモリ チャネルで最大 32 GB メモリ を使用できます。 最大メモリ帯域幅は 102.4 GB/s です。 メモリの種類とメモリの量は、システムの速度に大きく影響します。

メモリ種別: メモリ帯域幅:
LPDDR5-6400
102.4 GB/s
最大メモリ容量: 32 GB
メモリ チャンネル: 2 (Dual Channel)
ECC: いいえ
PCIe: 4.0
PCIe 帯域幅: --

熱管理

プロセッサの熱設計電力 (略して TDP) は 30 W です。 TDP は、プロセッサを十分に冷却するために必要な冷却ソリューションを指定します。 TDP は通常、CPU の実際の消費電力の大まかな目安を示します。

TDP (PL1 / PBP): 30 W
TDP (PL2): --
TDP up: --
TDP down: --
Tjunction max.: 100 °C

技術データ

Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) は 5 nm 製です。 CPU の製造プロセスが小さいほど、最新でエネルギー効率が高くなります。 全体として、プロセッサには 28.00 MB キャッシュがあります。 キャッシュが大きいと、ゲームなどの場合にプロセッサの速度が大幅に向上します。

技術: 5 nm
チップ設計: チップレット
ソケット: --
L2-Cache: 28.00 MB
L3-Cache: --
AES-NI: はい
オペレーティングシステム: macOS, iPadOS
仮想化: Apple Virtualization Framework
指図書 (ISA): Armv8.5-A (64 bit)
ISA拡張機能: Rosetta 2 x86-Emulation
リリース日: Q1/2023
発売価格: --
部品番号: --
ドキュメント: テクニカルデータシート

このプロセッサを評価する

ここでこのプロセッサを評価して、他の訪問者が購入を決定するのに役立てることができます。 このプロセッサの平均評価は 4.9 星 (29 評価) です。 今すぐ評価してください:

ベンチマーク

Verified Benchmark results
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)のベンチマーク結果は、私たちによって注意深くチェックされています。 私たちは、私たちが作成した、または訪問者によって提出され、チームメンバーによってチェックされたベンチマーク結果のみを公開します。 すべての結果は、ベンチマークガイドライン に基づいて作成されています。


Cinebench 2024 (Single-Core)

Cinebench 2024 ベンチマークは、Maxon の 3D プログラム Cinema 4D でも使用されている Redshift レンダリング エンジンに基づいています。 ベンチマークの実行はそれぞれ 10 分間行われ、プロセッサーの発熱が制限されているかどうかをテストします。
Intel Core i5-14600K Intel Core i5-14600K
14C 20T @ 5.30 GHz
124
Intel Core i9-12900KF Intel Core i9-12900KF
16C 24T @ 5.20 GHz
124
Intel Xeon E5-2680 v4 Intel Xeon E5-2680 v4
14C 28T @ 3.30 GHz
124
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
122
Intel Core i9-13950HX Intel Core i9-13950HX
24C 32T @ 5.50 GHz
122
AMD Ryzen 9 7900X3D AMD Ryzen 9 7900X3D
12C 24T @ 5.60 GHz
122
Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
122

Cinebench 2024 (Multi-Core)

Cinebench 2024 ベンチマークのマルチコア テストでは、すべての CPU コアを使用して、Maxons Cinema 4D でも使用されている Redshift レンダリング エンジンを使用してレンダリングします。 ベンチマークの実行時間は 10 分間で、プロセッサーの発熱が制限されているかどうかをテストします。
Apple M1 Max (24-GPU) Apple M1 Max (24-GPU)
10C 10T @ 3.20 GHz
796
Apple M1 Max (32-GPU) Apple M1 Max (32-GPU)
10C 10T @ 3.20 GHz
796
AMD Ryzen Threadripper 1920X AMD Ryzen Threadripper 1920X
12C 24T @ 4.00 GHz
783
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
782
Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
782
AMD Ryzen 7 7735HS AMD Ryzen 7 7735HS
8C 16T @ 4.75 GHz
776
AMD Ryzen 5 7500F AMD Ryzen 5 7500F
6C 12T @ 5.00 GHz
771

Cinebench R23 (Single-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i5-1345U Intel Core i5-1345U
10C 12T @ 4.70 GHz
1720
Intel Core i5-1340P Intel Core i5-1340P
12C 16T @ 4.60 GHz
1710
Intel Core i5-1335U Intel Core i5-1335U
10C 12T @ 4.60 GHz
1705
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
1695
Apple M2 Ultra (76-GPU) Apple M2 Ultra (76-GPU)
24C 24T @ 3.50 GHz
1695
Apple M2 Ultra (60-GPU) Apple M2 Ultra (60-GPU)
24C 24T @ 3.50 GHz
1695
Apple M2 Max (30-GPU) Apple M2 Max (30-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
1695

Cinebench R23 (Multi-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i9-9900 Intel Core i9-9900
8C 16T @ 4.00 GHz
12205
Intel Core i7-11800H Intel Core i7-11800H
8C 16T @ 3.40 GHz
12180
AMD Ryzen 7 5800H AMD Ryzen 7 5800H
8C 16T @ 3.80 GHz
12179
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
12125
AMD Ryzen 7 PRO 5875U AMD Ryzen 7 PRO 5875U
8C 16T @ 3.50 GHz
11530
Intel Xeon W-2150B Intel Xeon W-2150B
10C 20T @ 3.70 GHz
11463
Intel Core i7-1260P Intel Core i7-1260P
12C 16T @ 3.10 GHz
11420

Geekbench 5, 64bit (Single-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i9-11900K Intel Core i9-11900K
8C 16T @ 5.30 GHz
1878
Intel Core i9-11900KF Intel Core i9-11900KF
8C 16T @ 5.30 GHz
1878
Intel Core i5-14500 Intel Core i5-14500
14C 20T @ 5.00 GHz
1877
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
1874
Apple M2 Max (30-GPU) Apple M2 Max (30-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
1874
Apple M2 Max (38-GPU) Apple M2 Max (38-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
1874
Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
1874

Geekbench 5, 64bit (Multi-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
AMD Ryzen Threadripper 2950X AMD Ryzen Threadripper 2950X
16C 32T @ 3.50 GHz
12458
AMD Ryzen 9 3900X AMD Ryzen 9 3900X
12C 24T @ 4.00 GHz
12454
Intel Xeon Silver 4216 Intel Xeon Silver 4216
16C 32T @ 2.30 GHz
12286
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
12224
Intel Core i7-13800H Intel Core i7-13800H
14C 20T @ 4.50 GHz
12203
AMD EPYC 7351P AMD EPYC 7351P
16C 32T @ 2.90 GHz
12186
Intel Core i7-12700HL Intel Core i7-12700HL
14C 20T @ 3.80 GHz
12103

Geekbench 6 (Single-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 シングルコア ベンチマークは、最速の CPU コアのパフォーマンスのみを評価します。ここでは、プロセッサ内の CPU コアの数は関係ありません。
Intel Core i7-14650HX Intel Core i7-14650HX
16C 24T @ 5.20 GHz
2705
Intel Core i7-13850HX Intel Core i7-13850HX
20C 28T @ 5.30 GHz
2699
AMD Ryzen 9 7940HX AMD Ryzen 9 7940HX
16C 32T @ 5.20 GHz検証されていない
2691
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
2689
Apple M2 Ultra (76-GPU) Apple M2 Ultra (76-GPU)
24C 24T @ 3.50 GHz
2689
Apple M2 Ultra (60-GPU) Apple M2 Ultra (60-GPU)
24C 24T @ 3.50 GHz
2689
Apple M2 Max (30-GPU) Apple M2 Max (30-GPU)
12C 12T @ 3.50 GHz
2689

Geekbench 6 (Multi-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 マルチコア ベンチマークは、プロセッサのすべての CPU コアのパフォーマンスを評価します。 AMD SMT や Intel のハイパースレッディングなどの仮想スレッドの改善は、ベンチマークの結果にプラスの影響を与えます。
AMD Ryzen 7 7840H AMD Ryzen 7 7840H
8C 16T @ 4.25 GHz
12135
AMD Ryzen 7 7840HS AMD Ryzen 7 7840HS
8C 16T @ 4.25 GHz
12135
AMD Ryzen 7 PRO 7840HS AMD Ryzen 7 PRO 7840HS
8C 16T @ 4.25 GHz
12135
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
12084
Intel Core i5-12600KF Intel Core i5-12600KF
10C 16T @ 4.50 GHz
11991
Intel Core i5-12600K Intel Core i5-12600K
10C 16T @ 4.50 GHz
11991
AMD Ryzen 5 PRO 7645 AMD Ryzen 5 PRO 7645
6C 12T @ 4.50 GHz
11967

iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS)

GFLOPSの単純な精度(32ビット)でのプロセッサーの内部グラフィックスユニットの理論上の計算パフォーマンス。 GFLOPSは、iGPUが1秒間に実行できる浮動小数点演算の数を示します。
Apple M1 Max (24-GPU) Apple M1 Max (24-GPU)
Apple M1 Max (24 Core) @ 1.30 GHz
7830
Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU)
Apple M2 Pro (19 Core) @ 1.40 GHz
6745
Apple M3 Pro (12-CPU 18-GPU) Apple M3 Pro (12-CPU 18-GPU)
Apple M3 Pro (18 Core) @ 1.40 GHz
6390
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
Apple M2 Pro (16 Core) @ 1.40 GHz
5680
Apple M1 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Pro (10-CPU 16-GPU)
Apple M1 Pro (16 Core) @ 1.30 GHz
5300
Apple M3 Pro (11-CPU 14-GPU) Apple M3 Pro (11-CPU 14-GPU)
Apple M3 Pro (14 Core) @ 1.40 GHz
4970
Intel Core Ultra 9 185H Intel Core Ultra 9 185H
Intel Iris Xe 8 Core Graphics 128 EUs (Meteor Lake) @ 2.35 GHz
4658

PassMark CPU Markの期待される結果

弊社ではここで掲載されている全てのプロセッサを試験してはいません。結果の一部には定式により独自に算出されたものもあり、PassMark 社により提供されている CPU マークの結果とは異なる場合もあり、PassMark Software Pty Ltd に依存するものではありません。PassMark CPUマークは、プロセッサの速度を測定するための素数を生成するものです。ここでは、全ての CPU コアおよびハイパースレッディングが使用されます。
Intel Core i5-12500H Intel Core i5-12500H
12C 16T @ 3.20 GHz
21625
AMD Ryzen 5 5600 AMD Ryzen 5 5600
6C 12T @ 4.20 GHz
21620
AMD EPYC 7551 AMD EPYC 7551
32C 64T @ 2.55 GHz
21604
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 3.50 GHz
21532
AMD Ryzen 7 7735U AMD Ryzen 7 7735U
8C 16T @ 2.70 GHz
21490
Intel Xeon Gold 5218T Intel Xeon Gold 5218T
16C 32T @ 2.30 GHz
21452
Intel Core i5-12600 Intel Core i5-12600
6C 12T @ 4.40 GHz
21430

ワットあたりの CPU パフォーマンス (効率)

Cinebench R23 (マルチコア) ベンチマークでの全負荷時のプロセッサーの効率。 ベンチマーク結果は、必要な平均エネルギー (ワット単位の CPU パッケージ電力) で除算されます。 値が大きいほど、フル負荷時の CPU の効率が高くなります。
Apple M2 Apple M2
8,558 CB R23 MC @ 20 W
428
Apple M2 (8-GPU) Apple M2 (8-GPU)
8,558 CB R23 MC @ 20 W
428
Apple M3 Max (16-CPU 40-GPU) Apple M3 Max (16-CPU 40-GPU)
24,028 CB R23 MC @ 57 W
422
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
12,125 CB R23 MC @ 30 W
404
AMD Ryzen 7 7735HS AMD Ryzen 7 7735HS
13,766 CB R23 MC @ 35 W
393
Apple M2 Max (30-GPU) Apple M2 Max (30-GPU)
14,855 CB R23 MC @ 40 W
371
Apple M2 Max (38-GPU) Apple M2 Max (38-GPU)
14,855 CB R23 MC @ 40 W
371

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) のパフォーマンス

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサーは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサーよりもはるかに高速に処理できます。 ML のアルゴリズムは、ソフトウェア経由で収集したデータが増えるほどパフォーマンスが向上します。 ML タスクは、従来のプロセッサよりも最大 10,000 倍高速に処理できます。パフォーマンスは、1 秒あたりの算術演算数 (兆) (TOPS) で表されます。
Apple A15 Bionic (4-GPU) Apple A15 Bionic (4-GPU)
6C 6T @ 3.23 GHz
15.8
Apple A15 Bionic (5-GPU) Apple A15 Bionic (5-GPU)
6C 6T @ 3.23 GHz
15.8
Apple M2 Apple M2
8C 8T @ 0.66 GHz
15.8
Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
10C 10T @ 0.66 GHz
15.8
Qualcomm Snapdragon 870 Qualcomm Snapdragon 870
8C 8T @ 3.20 GHz
15
Samsung Exynos 990 Samsung Exynos 990
8C 8T @ 2.73 GHz
15
Qualcomm Snapdragon 865+ Qualcomm Snapdragon 865+
8C 8T @ 3.10 GHz
15

ベンチマーク


プロセッサの説明

Apple M2 Pro は、CPU コアと GPU コアの数が異なるいくつかの構成で利用できます。 これは、10 個の CPU コアと 16 個の GPU コアを備えた Apple M2 Pro に関するものです。

この亜種のコア構造は 6 つの大きな P コアで構成されており、Apple はこれを「Avalanche」というコードネームで呼んでいます。 これらのクロックは 0.66 GHz と非常に低いですが、クロック周波数を最大 3.5 GHz まで動的に増加させることができます。

これらは 4 つの小型 E コア (コード名「Blizzard」) と組み合わされています。 E コアのクロックは、ターボ モードで 0.6 GHz または 2.42 GHz です。 Apple M2 Pro のこのバージョンには合計 10 個の CPU コアがあります。 Apple は Intel のハイパースレッディング テクノロジーに相当するものを使用していないため、10 スレッドが利用可能です。

このプロセッサには、CPU コアに加えて、Apple Neural Engine と呼ばれる NPU も搭載されています。 これは AI の計算を担当し、多くのアプリケーションを大幅に高速化できます。 Apple M2 Pro の 16 個のニューラル コアの理論上の AI コンピューティング能力は 15.8 TOPS です。

この APU には iGPU (統合グラフィックス) も搭載されています。 これは 0.45 GHz (最大 1.4 GHz) で動作し、16 個の GPU コアに加えて、合計 256 個の実行ユニットと 2048 個のテクスチャ シェーダを備えています。 グラフィックス カードの FP32 raw パフォーマンスは 5.7 TFLOPS 未満であり、iGPU としては非常に高い値です。

プロセッサのメモリ帯域幅は 102.4 GB/秒で、Apple は最大 32 GB の LPDDR5-6400 メモリを使用しており、これは APU に直接統合されています。 Apple M2 Pro のレベル 2 キャッシュは 28 MB で、プロセッサは TSMC の 5 nm 製造プロセスを使用して製造されています。 Apple はチップレット設計を利用して、プロセッサの個々のコンポーネントを柔軟に組み合わせることができます。

使用される命令セットは ARM v8.5-A で、x86 アプリケーションは Apple Rosetta 2 ソフトウェア層を介して実装されます。



人気比較

1. Apple M3 Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M3 vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
2. Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (12-CPU 19-GPU) vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
3. Apple M2 Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
4. Apple M3 Pro (11-CPU 14-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M3 Pro (11-CPU 14-GPU) vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
5. Apple M1 Max (24-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Max (24-GPU) vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
6. Apple M1 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Pro (10-CPU 16-GPU) vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)
7. Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Pro (10-CPU 14-GPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) vs Apple M1 Pro (10-CPU 14-GPU)
8. Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) vs Apple M1
9. Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Apple M1 Pro (8-CPU) Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) vs Apple M1 Pro (8-CPU)
10. Intel Core i7-12700H Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU) Intel Core i7-12700H vs Apple M2 Pro (10-CPU 16-GPU)


ホームページに戻る