最高のスマートフォンプロセッサ - リーダーボード 2022

1.
Apple A16 Bionic
Apple A16 Bionic
6 コア @ 3.46 GHz, 8.5 W
リリース日: Q3/2022
2.
Apple A15 Bionic (4-GPU)
Apple A15 Bionic (4-GPU)
6 コア @ 3.23 GHz, 8.5 W
リリース日: Q3/2021
3.
Apple A15 Bionic (5-GPU)
Apple A15 Bionic (5-GPU)
6 コア @ 3.23 GHz, 8.5 W
リリース日: Q3/2021
4.
MediaTek Dimensity 9000+
MediaTek Dimensity 9000+
8 コア @ 1.80 GHz
リリース日: Q3/2022
5.
Apple A14 Bionic
Apple A14 Bionic
6 コア @ 3.00 GHz, 7 W
リリース日: Q3/2020
6.
Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
8 コア @ 3.20 GHz
リリース日: Q2/2022
7.
Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
8 コア @ 3.00 GHz
リリース日: Q1/2022
8.
Samsung Exynos 2200
Samsung Exynos 2200
8 コア @ 2.80 GHz
リリース日: Q1/2022
9.
Qualcomm Snapdragon 888
Qualcomm Snapdragon 888
8 コア @ 2.84 GHz
リリース日: Q1/2021
10.
Apple A13 Bionic
Apple A13 Bionic
6 コア @ 2.65 GHz, 6 W
リリース日: Q3/2019
11.
MediaTek Dimensity 1300
MediaTek Dimensity 1300
8 コア @ 2.00 GHz
リリース日: Q1/2022
12.
Samsung Exynos 2100
Samsung Exynos 2100
8 コア @ 2.90 GHz
リリース日: Q1/2021
13.
Qualcomm Snapdragon 870
Qualcomm Snapdragon 870
8 コア @ 3.20 GHz, 10 W
リリース日: Q2/2021
14.
Qualcomm Snapdragon 888+
Qualcomm Snapdragon 888+
8 コア @ 3.00 GHz
リリース日: Q3/2021
15.
Qualcomm Snapdragon 865
Qualcomm Snapdragon 865
8 コア @ 2.84 GHz, 10 W
リリース日: Q4/2019
16.
Google Tensor G2
Google Tensor G2
8 コア @ 2.85 GHz, 10 W
リリース日: Q4/2022

最高のプロセッサを見つける

ニーズに最適なプロセッサを見つけるのは必ずしも簡単ではありません。 多くの訪問者はプロセッサの理論上の速度にのみ注意を払っていますが、実際のプロセッサの速度も扱っている詳細なテストレポートを読みたいと思う訪問者もいます。 そのため、可能な限り多くの要件を満たすために、多数のベンチマークを収集しました。

このページの上部にマップ形式で結果をリストしただけでなく、このページの下部にある明確な表にも結果をリストしました。 そのため、誰もがすぐに自分の道を見つけて、自分に最適なプロセッサを見つけることができます。

最高のスマートフォンプロセッサを作るものは何ですか?

事実上すべての最新のスマートフォンプロセッサは、ハイブリッドコア設計に基づいています。 これは、強力なCPUコア(パフォーマンスコア)が、バックグラウンドで発生するすべてのタスクを処理し、非常に経済的な小さなCPUコアとペアになっていることを意味します。 一部のメーカーはさらに進んで、いわゆる「プライムコア」をインストールします。これは、クロックが少し高く、特にシングルコアシナリオでパフォーマンスを向上させることを目的としています。

最新のスマートフォンプロセッサはすべて、現在のデスクトップおよびモバイルプロセッサよりも1ステップ細かい製造プロセスで製造されています。 この理由は、スマートフォンのプロセッサのエネルギー効率はもちろんさらに重要であるためです。これは、効率が良いとバッテリーの寿命が大幅に延びるためです。

機械学習用の処理ユニットとプロセッサのグラフィックユニットに直接ビデオコードを計算するための処理ユニットを統合することにより、システムの負荷がさらに軽減されます。 これは、スマートフォンのバッテリー寿命にもプラスの効果があります。

現在最高のスマートフォンプロセッサ

このリストビューでは、現在最高のデスクトッププロセッサを表形式で示しています。 プロセッサを人気順に並べ替えると、 Geekbench5マルチコアの結果が達成されました。
プロセッサ ソケット TDP RAM
Apple A16 Bionic Apple A16 Bionic
6C 6T @ 3.46 GHz
N/A 8.5 W LPDDR5-6400
Apple A15 Bionic (4-GPU) Apple A15 Bionic (4-GPU)
6C 6T @ 3.23 GHz
N/A 8.5 W LPDDR4X-4266
Apple A15 Bionic (5-GPU) Apple A15 Bionic (5-GPU)
6C 6T @ 3.23 GHz
N/A 8.5 W LPDDR4X-4266
MediaTek Dimensity 9000+ MediaTek Dimensity 9000+
8C 8T @ 1.80 GHz
N/A LPDDR5-6400, LPDDR5-7500
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
N/A 7 W LPDDR4X-4266
Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1 Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1
8C 8T @ 3.20 GHz
N/A LPDDR5-6400
Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1 Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
8C 8T @ 3.00 GHz
N/A LPDDR5-6400
Samsung Exynos 2200 Samsung Exynos 2200
8C 8T @ 2.80 GHz
N/A LPDDR5-6400
Qualcomm Snapdragon 888 Qualcomm Snapdragon 888
8C 8T @ 2.84 GHz
N/A LPDDR4X-4266, LPDDR5-3200
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
N/A 6 W LPDDR4X-4266
MediaTek Dimensity 1300 MediaTek Dimensity 1300
8C 8T @ 2.00 GHz
N/A LPDDR4X-4266
Samsung Exynos 2100 Samsung Exynos 2100
8C 8T @ 2.90 GHz
N/A LPDDR5-6400
Qualcomm Snapdragon 870 Qualcomm Snapdragon 870
8C 8T @ 3.20 GHz
N/A 10 W LPDDR4X-4266, LPDDR5-5500
Qualcomm Snapdragon 888+ Qualcomm Snapdragon 888+
8C 8T @ 3.00 GHz
N/A LPDDR5-3200
Qualcomm Snapdragon 865 Qualcomm Snapdragon 865
8C 8T @ 2.84 GHz
N/A 10 W LPDDR4X-4266, LPDDR5-5500
Google Tensor G2 Google Tensor G2
8C 8T @ 2.85 GHz
N/A 10 W LPDDR5-5500



ホームページに戻る