Apple A14 Bionic vs Apple A13 Bionic

最終更新:

ベンチマークとの比較


Apple A14 Bionic CPU1 vs CPU2 Apple A13 Bionic
Apple A14 Bionic Apple A13 Bionic

CPU比較

Apple A14 Bionic または Apple A13 Bionic - どちらのプロセッサが高速ですか? この比較では、違いを見て、これら 2 つの CPU のどちらが優れているかを分析します。 技術データとベンチマーク結果を比較します。

Apple A14 Bionic には、6 のスレッドと最大周波数 3.00 GHz のクロックを備えた 6 のコアがあります。 1 メモリ チャネルでは、最大 6 GB のメモリがサポートされています。 Apple A14 Bionic は Q3/2020 でリリースされました。

Apple A13 Bionic には、6 のスレッドと最大周波数 2.65 GHz のクロックを備えた 6 のコアがあります。 CPU は、1 メモリ チャネルで最大 4 GB のメモリをサポートします。 Apple A13 Bionic は Q3/2019 でリリースされました。
Apple A series (22) 家族 Apple A series (22)
Apple A14 (1) CPUグループ Apple A13 (1)
14 世代 13
A14 (Firestorm/Icestorm) アーキテクチャ A13 (Lightning / Thunder)
Mobile セグメント Mobile
Apple A13 Bionic 前任者 Apple A12 Bionic
Apple A15 Bionic (5-GPU) 後継 Apple A14 Bionic

CPU コアとクロック周波数

Apple A14 Bionic には 6 の CPU コアがあり、6 のスレッドを並列で計算できます。 Apple A14 Bionic のクロック周波数は 3.00 GHz ですが、Apple A13 Bionic には 6 の CPU コアがあり、6 のスレッドが同時に計算できます。 Apple A13 Bionic のクロック周波数は 2.65 GHz です。

Apple A14 Bionic 特性 Apple A13 Bionic
6 コア 6
6 Threads 6
hybrid (big.LITTLE) コアアーキテクチャ hybrid (big.LITTLE)
いいえ ハイパースレッディング いいえ
いいえ オーバークロック可能 ? いいえ
3.00 GHz
2x Firestorm
A-コア 2.65 GHz
2x Lightning
1.82 GHz
4x Icestorm
B-コア 1.80 GHz
4x Thunder

NPU AI パフォーマンス

プロセッサーのAIユニットの性能値。ここでは分離された NPU のパフォーマンス が記載されていますが、全体的な AI パフォーマンス (NPU+CPU+iGPU) の方が高くなる可能性があります。人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサよりもはるかに高速に処理できます。

Apple A14 Bionic 特性 Apple A13 Bionic
Apple Neural Engine AIハードウェア Apple Neural Engine
16 Neural cores @ 11 TOPS AIの仕様 8 Neural cores @ 6 TOPS
-- NPU + CPU + iGPU --

内部グラフィック

Apple A14 Bionic また Apple A13 Bionic には、略して iGPU と呼ばれる統合グラフィックスが搭載されています。 iGPU は、システムのメイン メモリをグラフィックス メモリとして使用し、プロセッサのダイ上に配置されます。

Apple A14 GPU Apple A13
1.46 GHz グラフィック クロック周波数 1.35 GHz
-- GPU (ターボ) --
11 GPU Generation 10
5 nm 技術 7 nm
3 最大画面サイズ 1
16 ユニット 16
256 Shader 256
いいえ Hardware Raytracing いいえ
いいえ Frame Generation いいえ
6 GB 最大メモリ容量 4 GB
-- DirectX Version --

ハードウェア コーデック サポート

ハードウェアで高速化された写真またはビデオ コーデックは、ビデオの再生時にプロセッサの動作速度を大幅に高速化し、ノートブックまたはスマートフォンのバッテリ寿命を延ばすことができます。

Apple A14 GPU Apple A13
復号化/符号化 Codec h265 / HEVC (8 bit) 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec h265 / HEVC (10 bit) 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec h264 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec VP9 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec VP8 復号化/符号化
いいえ Codec AV1 いいえ
復号化 Codec AVC 復号化
復号化 Codec VC-1 復号化
復号化/符号化 Codec JPEG 復号化/符号化

RAM & PCIe

Apple A14 Bionic は、1 メモリ チャネルで最大 6 GB のメモリを使用できます。 最大メモリ帯域幅は 34.1 GB/s です。 Apple A13 Bionic は、1 メモリ チャネルで最大 4 GB のメモリをサポートし、最大 34.1 GB/s のメモリ帯域幅を実現します。

Apple A14 Bionic 特性 Apple A13 Bionic
LPDDR4X-4266 RAM LPDDR4X-4266
6 GB 最大メモリ容量 4 GB
1 (Single Channel) メモリ チャンネル 1 (Single Channel)
34.1 GB/s Max. 帯域幅 34.1 GB/s
いいえ ECC いいえ
12.00 MB L2 キャッシュ 8.00 MB
16.00 MB L3 キャッシュ --
-- PCIe バージョン --
-- PCIe 配線 --
-- PCIe 帯域幅 --

熱管理

Apple A14 Bionic の熱設計電力 (略して TDP) は 7.25 W ですが、Apple A13 Bionic の TDP は 6 W です。 TDP は、プロセッサを十分に冷却するために必要な冷却ソリューションを指定します。

Apple A14 Bionic 特性 Apple A13 Bionic
7.25 W TDP (PL1 / PBP) 6 W
-- TDP (PL2) --
-- TDP up --
-- TDP down --
-- Tjunction max. --

技術データ

Apple A14 Bionic は 5 nm で製造され、28.00 MB キャッシュを備えています。 Apple A13 Bionic は 7 nm で製造され、8.00 MB キャッシュを備えています。

Apple A14 Bionic 特性 Apple A13 Bionic
5 nm 技術 7 nm
チップレット チップ設計 チップレット
Armv8-A (64 bit) 指図書 (ISA) Armv8-A (64 bit)
-- ISA拡張機能 --
-- ソケット --
なし 仮想化 なし
いいえ AES-NI いいえ
iOS オペレーティングシステム iOS
Q3/2020 リリース日 Q3/2019
-- 発売価格 --
その他のデータを表示 その他のデータを表示


これらのプロセッサを評価してください

ここで Apple A14 Bionic を評価して、他の訪問者の購入決定に役立てることができます。 平均評価は 3.9 星 (57 評価) です。 今すぐ評価してください:
ここで Apple A13 Bionic を評価して、他の訪問者の購入決定に役立てることができます。 平均評価は 3.8 星 (38 評価) です。 今すぐ評価してください:


ベンチマークの平均パフォーマンス

⌀ シングルコアのパフォーマンス 2 CPUベンチマーク
Apple A14 Bionic (100%)
Apple A13 Bionic (84%)
⌀ マルチコアのパフォーマンス 4 CPUベンチマーク
Apple A14 Bionic (100%)
Apple A13 Bionic (78%)

Geekbench 5, 64bit (Single-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
1590 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
1336 (84%)

Geekbench 5, 64bit (Multi-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
4247 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
3429 (81%)

Geekbench 6 (Single-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 シングルコア ベンチマークは、最速の CPU コアのパフォーマンスのみを評価します。ここでは、プロセッサ内の CPU コアの数は関係ありません。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
2072 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
1710 (83%)

Geekbench 6 (Multi-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 マルチコア ベンチマークは、プロセッサのすべての CPU コアのパフォーマンスを評価します。 AMD SMT や Intel のハイパースレッディングなどの仮想スレッドの改善は、ベンチマークの結果にプラスの影響を与えます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
4689 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
3599 (77%)

iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS)

GFLOPSの単純な精度(32ビット)でのプロセッサーの内部グラフィックスユニットの理論上の計算パフォーマンス。 GFLOPSは、iGPUが1秒間に実行できる浮動小数点演算の数を示します。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
Apple A14 @ 1.46 GHz
749 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
Apple A13 @ 1.35 GHz
691 (92%)

AnTuTu 9 Benchmark

AnTuTu 9ベンチマークは、スマートフォンのパフォーマンスの測定に非常に適しています。 AnTuTu 9は3Dグラフィックスに非常に重く、「メタル」グラフィックスインターフェイスも使用できるようになりました。 AnTuTuでは、ブラウザとアプリの使用状況をシミュレートすることで、メモリとUX(ユーザーエクスペリエンス)もテストされます。 AnTuTuバージョン9は、AndroidまたはiOSで実行されている任意のARMCPUを比較できます。 異なるオペレーティングシステムでベンチマークを行った場合、デバイスを直接比較できない場合があります。

AnTuTu 9ベンチマークでは、プロセッサのシングルコアパフォーマンスはわずかに重み付けされています。 評価は、プロセッサのマルチコアパフォーマンス、作業メモリの速度、および内部グラフィックスのパフォーマンスで構成されます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
729968 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
648406 (89%)

AnTuTu 8 Benchmark

AnTuTu 8ベンチマークは、SoCのパフォーマンスを測定します。 AnTuTuは、ブラウザーとアプリの使用状況をシミュレートすることにより、CPU、GPU、メモリ、およびUX(ユーザーエクスペリエンス)のベンチマークを行います。 AnTuTuは、AndroidまたはiOSで実行される任意のARMCPUのベンチマークを実行できます。ベンチマークが異なるオペレーティングシステムで実行された場合、デバイスを直接比較できない場合があります。

AnTuTu 8ベンチマークでは、プロセッサのシングルコアパフォーマンスはわずかに重み付けされています。評価は、プロセッサのマルチコアパフォーマンス、RAMの速度、および内部グラフィックスのパフォーマンスで構成されます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
628047 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
523650 (83%)

PassMark CPU Markの期待される結果

弊社ではここで掲載されている全てのプロセッサを試験してはいません。結果の一部には定式により独自に算出されたものもあり、PassMark 社により提供されている CPU マークの結果とは異なる場合もあり、PassMark Software Pty Ltd に依存するものではありません。PassMark CPUマークは、プロセッサの速度を測定するための素数を生成するものです。ここでは、全ての CPU コアおよびハイパースレッディングが使用されます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
8514 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
5368 (63%)

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) のパフォーマンス

プロセッサーのAIユニットの性能値。ここでは分離された NPU のパフォーマンス が記載されていますが、全体的な AI パフォーマンス (NPU+CPU+iGPU) の方が高くなる可能性があります。

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサーは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサーよりもはるかに高速に処理できます。 ML のアルゴリズムは、ソフトウェア経由で収集したデータが増えるほどパフォーマンスが向上します。 ML タスクは、従来のプロセッサよりも最大 10,000 倍高速に処理できます。パフォーマンスは、1 秒あたりの算術演算数 (兆) (TOPS) で表されます。
Apple A14 Bionic Apple A14 Bionic
6C 6T @ 3.00 GHz
11 (100%)
Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic
6C 6T @ 2.65 GHz
6 (55%)

このプロセッサを搭載した装置

Apple A14 Bionic Apple A13 Bionic
Apple iPhone 12 mini
Apple iPhone 12
Apple iPhone 12 Pro
Apple iPhone 12 Pro Max
Apple iPad Air (4. Gen)
Apple iPhone 11
Apple iPhone 11 Pro
Apple iPhone 11 Pro Max
iPhone SE

2 つのプロセッサの比較

Apple A14 Bionicは、Apple A13Bionicの後継機種です。 Apple A14 Bionicは、Apple iPad Air(2020、第4世代)で最初にリリースされました。これは、5nmで製造されたAppleの最初のプロセッサでした。 Apple A13は、Apple iPhone11およびAppleiPhone 11Proでデビューしました。 Apple A13 Bionicは、TSMCで7nmプロセスで製造されています。このプロセスも、すでにその高効率が特徴です。ただし、5nmとの差は非常に大きくなります。

どちらのプロセッサにも、big.LITTLEロジックに基づく6つのCPUコアがあります。 Apple A14 Bionicでは、「Icestorm」タイプの2つの高性能コアが使用されています。これらは、「ファイアストーム」タイプの4つのより小さく、したがってより弱いがより効率的なコアによって補完されます。 Apple A13Bionicもほぼ同じ構造を使用しています。

Apple A14 Bionicは、ハードウェアで新しいビデオコーデックAV1のデコードをサポートする最初のAppleプロセッサです。このビデオコーデックは、将来性が高く、広く使用されると予測されているため、これを積極的に評価する必要があります。

Apple A14BionicはすでにLPDDR5-5500RAMを制御していますが、前年のApple A13Bionicは引き続きLPDDR4X-4266RAMを使用しています。メインメモリが高速になると、メモリ帯域幅が大幅に増加し、新しいLPDDR5標準の方がエネルギー効率が高くなります。

どちらのプロセッサにも内部グラフィックス(iGPU)が搭載されているため、モバイルプロセッサはスマートフォンやタブレットでより要求の厳しいゲームをグラフィカルにプレイできます。ほぼ900または732GFLOPSのコンピューティングパワー(FP32)を備えたこれらは、IntelまたはAMDのモバイルおよびデスクトッププロセス用の平凡なiGPUとほぼ同等です。ただし、Apple iGPUは、両方のメーカーの最新のiGPUソリューションに近づいていません。これらは現在、最大2000のGFLOPSを提供できます。

これらの CPU の 1 種との人気比較

1. Apple M1Apple A14 Bionic Apple M1 vs Apple A14 Bionic
2. Apple A14 BionicApple A12Z Bionic Apple A14 Bionic vs Apple A12Z Bionic
3. Apple A14 BionicApple A13 Bionic Apple A14 Bionic vs Apple A13 Bionic
4. Qualcomm Snapdragon 888Apple A14 Bionic Qualcomm Snapdragon 888 vs Apple A14 Bionic
5. Apple A12 BionicApple A14 Bionic Apple A12 Bionic vs Apple A14 Bionic
6. Apple M1Apple A13 Bionic Apple M1 vs Apple A13 Bionic
7. Apple A12X BionicApple A14 Bionic Apple A12X Bionic vs Apple A14 Bionic
8. Qualcomm Snapdragon 865Apple A14 Bionic Qualcomm Snapdragon 865 vs Apple A14 Bionic
9. Apple M2Apple A14 Bionic Apple M2 vs Apple A14 Bionic
10. Apple A13 BionicApple A12 Bionic Apple A13 Bionic vs Apple A12 Bionic


ホームページに戻る