Apple A12 Bionic ベンチマーク、テスト、および仕様

最終更新:
Apple A12 Bionicには6コアと6スレッドがあり、12に基づいています。 Apple A seriesシリーズの遺伝子。 プロセッサはQ3/2018でリリースされました。 Apple A12 Bionic は、Geekbench 5 シングルコア ベンチマークで 1,116 ポイント を獲得しました。 Geekbench 5 マルチコア ベンチマークでは、結果は 2,731 ポイントです。
Apple A12 Bionic

CPU系統

Apple A12 Bionic を分類したセグメント。 たとえば、これがデスクトップ プロセッサなのかモバイル プロセッサなのか、またはどのプロセッサが Apple A12 Bionic の後継となる可能性があるのか​​を一目で確認できます。

姓: Apple A12 Bionic
家族: Apple A series (22)
CPUグループ: Apple A12/A12X/A12Z (3)
アーキテクチャ: A12
セグメント: Mobile
世代: 12
前任者: Apple A11 Bionic
後継: Apple A13 Bionic

CPU コアとクロック周波数

Apple A12 Bionic には 6 の CPU コアがあり、6 のスレッドを並列で計算できます。 Apple A12 Bionic のクロック周波数は 2.49 GHz です。 CPU コアの数はプロセッサの速度に大きく影響し、重要なパフォーマンス指標です。

CPU コア / Threads: 6 / 6
コアアーキテクチャ: hybrid (big.LITTLE)
A-Core: 2x Vortex
B-Core: 4x Tempest
ハイパースレッディング / SMT: いいえ
オーバークロック可能: いいえ
A-Core クロック周波数: 2.49 GHz
B-Core クロック周波数: 1.59 GHz

人工知能と機械学習

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサーは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサーよりもはるかに高速に処理できます。 ML のアルゴリズムは、ソフトウェア経由で収集したデータが増えるほどパフォーマンスが向上します。 ML タスクは、従来のプロセッサよりも最大 10,000 倍高速に処理できます。

AIハードウェア: Apple Neural Engine
AIの仕様: 8 Neural cores @ 5 TOPS

内部グラフィック

Apple A12 Bionic には、略して iGPU と呼ばれる統合グラフィックスが搭載されています。 具体的には、Apple A12 Bionic は、256 テクスチャ シェーダーと 16 実行ユニットを持つ Apple A12 を使用します。 iGPU は、システムのメイン メモリをグラフィックス メモリとして使用し、プロセッサのダイ上に配置されます。

グラフィック: Apple A12
グラフィック クロック周波数: 1.13 GHz
GPU (ターボ): ターボなし
ユニット: 16
Shader: 256
Hardware Raytracing: いいえ
リリース日: Q3/2018
最大画面サイズ: 1
Generation: 9
Direct X: --
技術: 7 nm
最大メモリ容量: 4 GB
Frame Generation: いいえ

ハードウェア コーデック サポート

ハードウェアで高速化された写真またはビデオ コーデックは、ビデオの再生時にプロセッサの動作速度を大幅に高速化し、ノートブックまたはスマートフォンのバッテリ寿命を延ばすことができます。

h265 / HEVC (8 bit): 復号化/符号化
h265 / HEVC (10 bit): 復号化/符号化
h264: 復号化/符号化
VP8: 復号化/符号化
VP9: 復号化/符号化
AV1: いいえ
AVC: 復号化
VC-1: 復号化
JPEG: 復号化/符号化

RAM & PCIe

プロセッサは、1 (Single Channel) メモリ チャネルで最大 4 GB メモリ を使用できます。 最大メモリ帯域幅は 34.1 GB/s です。 メモリの種類とメモリの量は、システムの速度に大きく影響します。

メモリ種別: メモリ帯域幅:
LPDDR4X-4266
34.1 GB/s
最大メモリ容量: 4 GB
メモリ チャンネル: 1 (Single Channel)
ECC: いいえ
PCIe:
PCIe 帯域幅: --

熱管理

プロセッサの熱設計電力 (略して TDP) は 6 W です。 TDP は、プロセッサを十分に冷却するために必要な冷却ソリューションを指定します。 TDP は通常、CPU の実際の消費電力の大まかな目安を示します。

TDP (PL1 / PBP): 6 W
TDP (PL2): --
TDP up: --
TDP down: --
Tjunction max.: --

技術データ

Apple A12 Bionic は 7 nm 製です。 CPU の製造プロセスが小さいほど、最新でエネルギー効率が高くなります。 全体として、プロセッサには 8.00 MB キャッシュがあります。 キャッシュが大きいと、ゲームなどの場合にプロセッサの速度が大幅に向上します。

技術: 7 nm
チップ設計: チップレット
ソケット: --
L2-Cache: 8.00 MB
L3-Cache: --
AES-NI: いいえ
オペレーティングシステム: iOS
仮想化: なし
指図書 (ISA): Armv8-A (64 bit)
ISA拡張機能: --
リリース日: Q3/2018
発売価格: --
部品番号: --
ドキュメント: --

ベンチマーク

Verified Benchmark results
Apple A12 Bionicのベンチマーク結果は、私たちによって注意深くチェックされています。 私たちは、私たちが作成した、または訪問者によって提出され、チームメンバーによってチェックされたベンチマーク結果のみを公開します。 すべての結果は、ベンチマークガイドライン に基づいて作成されています。

スクリーンショット:

Geekbench 5, 64bit (Single-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i5-9400H Intel Core i5-9400H
4C 8T @ 4.30 GHz
1119
Intel Core i7-10510U Intel Core i7-10510U
4C 8T @ 4.80 GHz
1118
Intel Core i7-9850HE Intel Core i7-9850HE
6C 12T @ 4.40 GHz
1118
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
1116
Intel Core i7-6850K Intel Core i7-6850K
6C 12T @ 3.80 GHz
1116
Intel Core i5-1035G4 Intel Core i5-1035G4
4C 8T @ 3.70 GHz
1116
Intel Core i5-1035G7 Intel Core i5-1035G7
4C 8T @ 3.70 GHz
1116

Geekbench 5, 64bit (Multi-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i5-3550 Intel Core i5-3550
4C 4T @ 3.30 GHz
2741
Intel Core i7-3612QE Intel Core i7-3612QE
4C 8T @ 3.00 GHz
2737
Intel Core i7-4700HQ Intel Core i7-4700HQ
4C 8T @ 3.00 GHz
2735
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
2731
Intel Core i5-4460 Intel Core i5-4460
4C 4T @ 3.30 GHz
2722
Intel Core i5-8365UE Intel Core i5-8365UE
4C 8T @ 2.60 GHz
2721
Intel Core i5-7500T Intel Core i5-7500T
4C 4T @ 3.10 GHz
2718

Geekbench 6 (Single-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 シングルコア ベンチマークは、最速の CPU コアのパフォーマンスのみを評価します。ここでは、プロセッサ内の CPU コアの数は関係ありません。
Intel Core i5-9300H Intel Core i5-9300H
4C 8T @ 4.10 GHz
1288
Intel Core i5-9300HF Intel Core i5-9300HF
4C 8T @ 4.10 GHz
1288
AMD Ryzen 5 2600X AMD Ryzen 5 2600X
6C 12T @ 4.20 GHz
1287
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
1286
Intel Core i5-8265U Intel Core i5-8265U
4C 8T @ 3.90 GHz
1286
Intel Core i3-10100TE Intel Core i3-10100TE
4C 8T @ 3.60 GHz
1284
Intel Xeon Gold 5122 Intel Xeon Gold 5122
4C 8T @ 3.70 GHz
1284

Geekbench 6 (Multi-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 マルチコア ベンチマークは、プロセッサのすべての CPU コアのパフォーマンスを評価します。 AMD SMT や Intel のハイパースレッディングなどの仮想スレッドの改善は、ベンチマークの結果にプラスの影響を与えます。
Intel Core i3-6100 Intel Core i3-6100
2C 4T @ 3.70 GHz
2355
Apple A10X Fusion Apple A10X Fusion
6C 6T @ 2.36 GHz
2354
Intel Core i7-7600U Intel Core i7-7600U
2C 4T @ 3.90 GHz
2354
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
2353
Intel Core i3-6300T Intel Core i3-6300T
2C 4T @ 3.30 GHz
2353
Intel Core i3-6098P Intel Core i3-6098P
2C 4T @ 3.60 GHz
2348
Intel Core i3-8145U Intel Core i3-8145U
2C 4T @ 2.80 GHz
2338

iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS)

GFLOPSの単純な精度(32ビット)でのプロセッサーの内部グラフィックスユニットの理論上の計算パフォーマンス。 GFLOPSは、iGPUが1秒間に実行できる浮動小数点演算の数を示します。
AMD GX-217GI AMD GX-217GI
AMD Radeon R6E @ 0.76 GHz
582
AMD A8-7670K AMD A8-7670K
AMD Radeon R7 - 384 (Kaveri) @ 0.76 GHz
581
AMD A10-9620P AMD A10-9620P
AMD Radeon R5 - 384 (Bristol Ridge) @ 0.76 GHz
579
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
Apple A12 @ 1.13 GHz
576
Intel Core i3-14100T Intel Core i3-14100T
Intel UHD Graphics 730 @ 1.50 GHz
576
Intel Core i3-14100 Intel Core i3-14100
Intel UHD Graphics 730 @ 1.50 GHz
576
Intel Core i3-13100TE Intel Core i3-13100TE
Intel UHD Graphics 730 @ 1.50 GHz
576

AnTuTu 8 Benchmark

AnTuTu 8ベンチマークは、SoCのパフォーマンスを測定します。 AnTuTuは、ブラウザーとアプリの使用状況をシミュレートすることにより、CPU、GPU、メモリ、およびUX(ユーザーエクスペリエンス)のベンチマークを行います。 AnTuTuは、AndroidまたはiOSで実行される任意のARMCPUのベンチマークを実行できます。ベンチマークが異なるオペレーティングシステムで実行された場合、デバイスを直接比較できない場合があります。

AnTuTu 8ベンチマークでは、プロセッサのシングルコアパフォーマンスはわずかに重み付けされています。評価は、プロセッサのマルチコアパフォーマンス、RAMの速度、および内部グラフィックスのパフォーマンスで構成されます。
MediaTek Dimensity 1000L MediaTek Dimensity 1000L
8C 8T @ 2.20 GHz
437506
Qualcomm Snapdragon 855 Qualcomm Snapdragon 855
8C 8T @ 2.84 GHz
432560
MediaTek Dimensity 1000C MediaTek Dimensity 1000C
8C 8T @ 2.00 GHz
427863
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
425605
HiSilicon Kirin 980 HiSilicon Kirin 980
8C 8T @ 2.60 GHz
412594
MediaTek Dimensity 820 MediaTek Dimensity 820
8C 8T @ 2.60 GHz
407964
HiSilicon Kirin 985 5G HiSilicon Kirin 985 5G
8C 8T @ 2.58 GHz
406830

PassMark CPU Markの期待される結果

弊社ではここで掲載されている全てのプロセッサを試験してはいません。結果の一部には定式により独自に算出されたものもあり、PassMark 社により提供されている CPU マークの結果とは異なる場合もあり、PassMark Software Pty Ltd に依存するものではありません。PassMark CPUマークは、プロセッサの速度を測定するための素数を生成するものです。ここでは、全ての CPU コアおよびハイパースレッディングが使用されます。
Intel Core i3-7320 Intel Core i3-7320
2C 4T @ 4.10 GHz
4857
Intel Xeon Bronze 3204 Intel Xeon Bronze 3204
6C 6T @ 1.90 GHz
4849
Qualcomm Snapdragon 780G Qualcomm Snapdragon 780G
8C 8T @ 2.40 GHz
4849
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
4846
Intel Core i5-7442EQ Intel Core i5-7442EQ
4C 4T @ 2.10 GHz
4832
Intel Xeon D-1518 Intel Xeon D-1518
4C 8T @ 2.20 GHz
4829
MediaTek Dimensity 900 MediaTek Dimensity 900
8C 8T @ 2.40 GHz
4829

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) のパフォーマンス

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) をサポートするプロセッサーは、多くの計算、特に音声、画像、ビデオの処理を従来のプロセッサーよりもはるかに高速に処理できます。 ML のアルゴリズムは、ソフトウェア経由で収集したデータが増えるほどパフォーマンスが向上します。 ML タスクは、従来のプロセッサよりも最大 10,000 倍高速に処理できます。パフォーマンスは、1 秒あたりの算術演算数 (兆) (TOPS) で表されます。
Qualcomm Snapdragon 765 Qualcomm Snapdragon 765
8C 8T @ 2.30 GHz
5.5
Qualcomm Snapdragon 765G Qualcomm Snapdragon 765G
8C 8T @ 2.40 GHz
5.5
Qualcomm Snapdragon 768G Qualcomm Snapdragon 768G
8C 8T @ 2.80 GHz
5.5
Apple A12 Bionic Apple A12 Bionic
6C 6T @ 2.49 GHz
5
Qualcomm Snapdragon 7c Gen 2 Qualcomm Snapdragon 7c Gen 2
8C 8T @ 2.55 GHz
5
Qualcomm Snapdragon 7c Qualcomm Snapdragon 7c
8C 8T @ 2.40 GHz
5
Qualcomm Snapdragon 720G Qualcomm Snapdragon 720G
8C 8T @ 2.30 GHz
5

ベンチマーク


プロセッサの説明

Appleから委託されたAppleA12Bionicプロセッサは、7ナノメートルのFinFETプロセスを使用して台湾の企業TSMCによって製造されています。これは、2018年の第3四半期に発売されたiPhoneXRおよびiPhoneXSに最初にインストールされました。 2019年には、新しい第3世代のiPadAirと第5世代のiPadMiniにもインストールされました。 Apple A14 Bionicは2020年に市場に登場しましたが、その後、第8世代の標準iPadに再びAppleA12Bionicが与えられました。

Apple A12 Bionicは、2つの高性能コア(Vortex)と4つの効率コア(Tempest)で構成されています。 Vortexコアは最大2.49ギガヘルツでクロックし、Tempestコアは最大1.59ギガヘルツでクロックします。ハイブリッドプロセッサの設計により、組み込みの高性能コアは実際にコンピューティングを多用するタスクにのみ使用されるため、AppleA12Bionicは非常に効率的です。 Apple A12 Bionicの6つのコアはオーバークロックできず、プロセッサにはハイパースレッディングがありません。

Apple A12 Bionic独自のグラフィックスは、32個の実行ユニットと256個のシェーダーで構成されています。プロセッサと同様に、7ナノメートルの構造幅で製造され、1.13ギガヘルツの固定クロックレートを備えているため、576ギガフロップスのFP32計算能力(単精度)を実現します。

LPDDR4X-4266タイプのRAMがAppleA12Bionicにインストールされています。 Apple A12 Bionicでは、このメインメモリは毎秒34.1ギガビットの最大帯域幅を実現します。 Apple A12 Bionicに搭載されているRAMの最大サイズは4ギガバイトで、iPhoneXSで使用されます。

Geekbench 5ベンチマークでは、AppleA12Bionicは1116ポイントのシングルコア値と2731ポイントのマルチコア値を達成しています。

パートナーサイト[link=https://www.check-mac.com] www.check-mac.com [/ link]には、AppleA12Bionicを搭載したすべてのAppleデバイスの概要が記載されています。[link=https://www.check-mac.com/de/cpu-apple_a12_bionic]www.check-mac.com/de/cpu-apple_a12_bionic [/ link]



人気比較

1. Apple A12 Bionic Apple A14 Bionic Apple A12 Bionic vs Apple A14 Bionic
2. Apple A10X Fusion Apple A12 Bionic Apple A10X Fusion vs Apple A12 Bionic
3. Apple A13 Bionic Apple A12 Bionic Apple A13 Bionic vs Apple A12 Bionic
4. Apple M1 Apple A12 Bionic Apple M1 vs Apple A12 Bionic
5. Apple A10 Fusion Apple A12 Bionic Apple A10 Fusion vs Apple A12 Bionic
6. Apple A12 Bionic Apple A9X Apple A12 Bionic vs Apple A9X
7. Apple A12 Bionic Apple A15 Bionic (5-GPU) Apple A12 Bionic vs Apple A15 Bionic (5-GPU)
8. Apple A8X Apple A12 Bionic Apple A8X vs Apple A12 Bionic
9. Apple A12 Bionic Qualcomm Snapdragon 888 Apple A12 Bionic vs Qualcomm Snapdragon 888
10. Apple A11 Bionic Apple A12 Bionic Apple A11 Bionic vs Apple A12 Bionic


ホームページに戻る