Intel Core i7-1165G7 vs Apple M1

最終更新:

ベンチマークとの比較


Intel Core i7-1165G7 CPU1 vs CPU2 Apple M1
Intel Core i7-1165G7 Apple M1

CPU比較

Intel Core i7-1165G7 または Apple M1 ? この比較では、これら 2 つの CPU のどちらが優れているかを調べます。 技術データとベンチマーク結果を比較します。

Intel Core i7-1165G7 には、8 のスレッドと最大周波数 4.70 GHz のクロックを備えた 4 のコアがあります。 2 (Dual Channel) メモリ チャネルでは、最大 64 GB のメモリがサポートされています。 Intel Core i7-1165G7 は Q3/2020 でリリースされました。

Apple M1 には、8 のスレッドと最大周波数 3.20 GHz のクロックを備えた 8 のコアがあります。 CPU は、2 (Dual Channel) メモリ チャネルで最大 16 GB のメモリをサポートします。 Apple M1 は Q4/2020 でリリースされました。
Intel Core i7 家族 Apple M series
Intel Core i 1100G/11000U CPUグループ Apple M1
11 世代 1
Tiger Lake U アーキテクチャ M1
Mobile セグメント Mobile
-- 前任者 --
-- 後継 Apple M2

CPU コアとクロック周波数

CPU コアとスレッドの数に加えて、Intel Core i7-1165G7 また Apple M1 がオーバークロックできるかどうかをここで確認できます。 プロセッサ (シングルコアとマルチコア) のクロック周波数もここで確認できます。 CPU コアの数は、プロセッサの速度に大きく影響します。

4 コア 8
8 Threads 8
normal コアアーキテクチャ hybrid (big.LITTLE)
はい ハイパースレッディング いいえ
いいえ オーバークロック可能 ? いいえ
2.80 GHz (4.70 GHz) A-コア 3.20 GHz
4x Firestorm
-- B-コア 2.06 GHz
4x Icestorm
-- C-コア --

内部グラフィック

Intel Core i7-1165G7 また Apple M1 には、略して iGPU と呼ばれる統合グラフィックスが搭載されています。 iGPU は、システムのメイン メモリをグラフィックス メモリとして使用し、プロセッサのダイ上に配置されます。 グラフィックスが統合されたプロセッサは、APU (Accelerated Processing Unit) とも呼ばれます。

Intel Iris Xe Graphics 96 (Tiger Lake G7) GPU Apple M1 (8 Core)
0.40 GHz グラフィック クロック周波数 1.30 GHz
1.30 GHz GPU (ターボ)
12 GPU Generation 1
10 nm 技術 5 nm
4 最大画面サイズ 2
96 ユニット 128
768 Shader 1024
32 GB 最大メモリ容量 8 GB
12 DirectX Version

ハードウェア コーデック サポート

ハードウェアで高速化された写真またはビデオ コーデックは、ビデオの再生時にプロセッサの動作速度を大幅に高速化し、ノートブックまたはスマートフォンのバッテリ寿命を延ばすことができます。

復号化/符号化 Codec h265 / HEVC (8 bit) 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec h265 / HEVC (10 bit) 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec h264 復号化/符号化
復号化/符号化 Codec VP9 復号化/符号化
復号化 Codec VP8 復号化
復号化 Codec AV1 いいえ
復号化/符号化 Codec AVC 復号化
復号化 Codec VC-1 復号化
復号化/符号化 Codec JPEG 復号化/符号化

RAM & PCIe

メモリの種類とメモリの量は、プロセッサの速度に大きく影響します。 メモリ帯域幅はいくつかの要因に依存し、1 秒あたりのギガバイト数で示されます。

DDR4-3200 RAM LPDDR4X-4266
64 GB 最大メモリ容量 16 GB
2 (Dual Channel) メモリ チャンネル 2 (Dual Channel)
51.2 GB/s 帯域幅 68.2 GB/s
いいえ ECC いいえ
5.00 MB L2 キャッシュ 16.00 MB
12.00 MB L3 キャッシュ
4.0 PCIe バージョン 4.0
4 PCIe 配線

熱管理

熱設計電力 (略して TDP) は、プロセッサを十分に冷却するために必要な冷却ソリューションを指定します。 TDP は通常、CPU の実際の消費量の大まかな目安を示すだけです。

15 W TDP (PL1) 15 W
64 W @ 28 s TDP (PL2) --
28 W TDP up 20 W
12 W TDP down 10 W
100 °C Tjunction max. --

技術データ

ここでは、Intel Core i7-1165G7 また Apple M1 のレベル 2 およびレベル 3 キャッシュのサイズに関する情報と、プロセッサの ISA 拡張機能のリストを確認できます。 アーキテクチャと製造技術、およびリリース日を文書化しました。

10 nm 技術 5 nm
モノリシック チップ設計 チップレット
x86-64 (64 bit) 指図書 (ISA) ARMv8-A64 (64 bit)
SSE4.1, SSE4.2, AVX2, AVX-512 ISA拡張機能 Rosetta 2 x86-Emulation
BGA 1526 ソケット N/A
VT-x, VT-x EPT, VT-d 仮想化 Apple Virtualization Framework
はい AES-NI はい
Windows 10, Windows 11, Linux オペレーティングシステム macOS
Q3/2020 リリース日 Q4/2020
426 $ 発売価格 --
その他のデータを表示 その他のデータを表示



Cinebench R23 (Single-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.70 GHz
1504 (100%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
1503 (100%)
すべての Cinebench R23 (Single-Core) の結果を表示する



Cinebench R23 (Multi-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
6070 (78%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
7759 (100%)
すべての Cinebench R23 (Multi-Core) の結果を表示する



Cinebench R20 (Single-Core)

Cinebench R20 は Cinebench R15 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.70 GHz
561 (100%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
0 (0%)
すべての Cinebench R20 (Single-Core) の結果を表示する



Cinebench R20 (Multi-Core)

Cinebench R20 は Cinebench R15 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
2234 (100%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
0 (0%)
すべての Cinebench R20 (Multi-Core) の結果を表示する



Geekbench 5, 64bit (Single-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.70 GHz
1488 (85%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
1742 (100%)
すべての Geekbench 5, 64bit (Single-Core) の結果を表示する



Geekbench 5, 64bit (Multi-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
5874 (77%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
7650 (100%)
すべての Geekbench 5, 64bit (Multi-Core) の結果を表示する



CPU-Z Benchmark 17 (Single-Core)

CPU-Zベンチマークは、システムがすべてのベンチマーク計算を完了するのにかかる時間を測定することにより、プロセッサーのパフォーマンスを測定します。 ベンチマークが完了するのが早いほど、スコアは高くなります。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
530 (100%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
0 (0%)
すべての CPU-Z Benchmark 17 (Single-Core) の結果を表示する



CPU-Z Benchmark 17 (Multi-Core)

CPU-Zベンチマークは、システムがすべてのベンチマーク計算を完了するのにかかる時間を測定することにより、プロセッサーのパフォーマンスを測定します。 ベンチマークが完了するのが早いほど、スコアは高くなります。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 2.80 GHz
2347 (100%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
0 (0%)
すべての CPU-Z Benchmark 17 (Multi-Core) の結果を表示する



iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS)

GFLOPSの単純な精度(32ビット)でのプロセッサーの内部グラフィックスユニットの理論上の計算パフォーマンス。 GFLOPSは、iGPUが1秒間に実行できる浮動小数点演算の数を示します。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
Intel Iris Xe Graphics 96 (Tiger Lake G7) @ 1.30 GHz
1933 (74%)
Apple M1 Apple M1
Apple M1 (8 Core) @ 1.30 GHz
2610 (100%)
すべての iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS) の結果を表示する



Blender 3.1 Benchmark

Blender Benchmark 3.1では、シーン「モンスター」、「ジャンクショップ」、「教室」がレンダリングされ、システムに必要な時間が測定されます。 ベンチマークでは、グラフィックカードではなくCPUをテストします。 Blender 3.1は、2022年3月にスタンドアロンバージョンとして発表されました。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
73 (62%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
117 (100%)
すべての Blender 3.1 Benchmark の結果を表示する



PassMark CPU Markの期待される結果

弊社ではここで掲載されている全てのプロセッサを試験してはいません。結果の一部には定式により独自に算出されたものもあり、PassMark 社により提供されている CPU マークの結果とは異なる場合もあり、PassMark Software Pty Ltd に依存するものではありません。PassMark CPUマークは、プロセッサの速度を測定するための素数を生成するものです。ここでは、全ての CPU コアおよびハイパースレッディングが使用されます。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
10425 (72%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
14463 (100%)
すべての PassMark CPU Markの期待される結果 の結果を表示する



Blender 2.81 (bmw27)

Blenderは、3Dボディをレンダリング(作成)するための無料の3Dグラフィックソフトウェアであり、ソフトウェアでテクスチャリングおよびアニメーション化することもできます。 Blenderベンチマークは、事前定義されたシーンを作成し、シーン全体に必要な時間を測定します。 必要な時間が短いほど良いです。 ベンチマークシーンとして「bmw27」を選択しました。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 4.10 GHz
0 (0%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
314 (100%)
すべての Blender 2.81 (bmw27) の結果を表示する



V-Ray CPU-Render Benchmark

V-Rayは、デザイナーやアーティスト向けのメーカーChaosの3Dレンダリングソフトウェアです。 他の多くのレンダリングエンジンとは異なり、V-Rayは、CPUとGPUが同時に動作するいわゆるハイブリッドレンダリングが可能です。

ただし、使用したCPUベンチマーク(CPUレンダリングモード)は、システムのプロセッサのみを使用します。 使用されるワーキングメモリは、V-Rayベンチマークで主要な役割を果たします。 ベンチマークには、メーカーが承認した最速のRAM規格を使用しています(オーバークロックなし)。

V-Ray(Autodesk 3ds Max、Maya、Cinema 4D、SketchUp、Unreal Engine、Blenderを含む)の互換性が高いため、頻繁に使用されるソフトウェアです。 たとえば、V-Rayを使用すると、一般の人々が通常の写真と区別できない写実的な画像をレンダリングできます。

Intel Core i7-1165G7 Intel Core i7-1165G7
4C 8T @ 2.80 GHz
4521 (92%)
Apple M1 Apple M1
8C 8T @ 3.20 GHz
4935 (100%)
すべての V-Ray CPU-Render Benchmark の結果を表示する



このプロセッサを搭載した装置

Intel Core i7-1165G7 Apple M1
不明 Apple iMac 24 (2021)
Apple MacBook Pro 13 (L2020)
Apple MacBook Air (2020)
Apple Mac mini (2020)
Apple iPad Pro 11 (2021)
Apple iPad Pro 12.9 (2021)
Apple iPad Air (2022)

Intel Core I7-1165G7は、4つのCPUコアと8つのスレッドを備えたIntelのモダンなモバイルプロセッサです。それは、前年の建築「彗星湖U」と比較して重要なIPCゲインを示すことができるIntelの「Tiger Lake U」アーキテクチャに基づいています。したがって、プロセッサは、その10nmの製造のために効率的に効率的であると予想される。

Intel Core I7-1165G7のクロック周波数は2.8 GHzです。いわゆるターボモードについて、モバイルプロセッサはそのクロック周波数を動的に調整し、したがって最大4.7GHzのCPUコアをクロックすることができる。完全な利用では、最大4.1 GHzが依然として可能です。クロック周波数の高さと、プロセッサがターボモードで動作できる期間、およびノー​​トブックの冷却ソリューションの寸法に従って、ターボモードで動作することができる。

アップルのM1は8つのCPUコアを備えたARMプロセッサです。これらはBIG.Littleデザイン用に配置されています。 4つのバックグラウンドタスクまたは定期的に発生した操作の世話をします。さらに、プロセッサには、「Firestorm」という名前の4つの大幅なCPUコアがあります。これらのコアは、M1プロセッサの高性能に対して大幅に責任があります。

両方のプロセッサは最大15ワットで動作し、統合グラフィックスユニット(IGPU)を持ちます。 Intel Core I7-1165G7は、Intelの新しいXEグラフィックでIntel Iris XE Graphics 96(Tiger Lake G7)を使用できます。これは、前身のバージョンの「Intel UHD」よりもはるかに強力です。 Intel Iris Xe Graphics 96(Tiger Lake G7)は96個の実行ユニットを持っています。これは、このIGPUの最大の拡張段階も表しています。コンピューティングパワーは1.93 TFLOPS / Sで、Apple M1(8コア)グラフィックはさらに2.6 TFLOPSになるようになります。両方のグラフィックユニットは、ハードウェアで新しいVideoCodec "AV1"を既に復号することができます。

リーダーボード

リーダーボードでは、特定のカテゴリに最適なプロセッサを明確にまとめています。 リーダーボードは常に最新であり、定期的に更新されます。 最高のプロセッサは、ベンチマークでの人気と速度、および価格とパフォーマンスの比率に応じて選択されます。


これらの CPU の 1 種との人気比較

1. Apple M1Intel Core i9-9900K Apple M1 vs Intel Core i9-9900K
2. Apple M1Apple A14 Bionic Apple M1 vs Apple A14 Bionic
3. Apple M1Intel Core i7-10875H Apple M1 vs Intel Core i7-10875H
4. Apple M1Intel Core i5-1038NG7 Apple M1 vs Intel Core i5-1038NG7
5. Apple M1Apple A12Z Bionic Apple M1 vs Apple A12Z Bionic
6. Apple A15 Bionic (5-GPU)Apple M1 Apple A15 Bionic (5-GPU) vs Apple M1
7. Apple M1Intel Core i7-1185G7 Apple M1 vs Intel Core i7-1185G7
8. Intel Core i7-1165G7Intel Core i5-1135G7 Intel Core i7-1165G7 vs Intel Core i5-1135G7
9. Apple M2Apple M1 Apple M2 vs Apple M1
10. Intel Core i7-1165G7AMD Ryzen 7 5700U Intel Core i7-1165G7 vs AMD Ryzen 7 5700U
11. Apple M1AMD Ryzen 5 5600X Apple M1 vs AMD Ryzen 5 5600X
12. Apple M1AMD Ryzen 7 4800H Apple M1 vs AMD Ryzen 7 4800H
13. Intel Core i7-1165G7Apple M1 Intel Core i7-1165G7 vs Apple M1
14. Apple M1Intel Core i9-10900K Apple M1 vs Intel Core i9-10900K
15. Apple M1AMD Ryzen 9 5900X Apple M1 vs AMD Ryzen 9 5900X


ホームページに戻る