Intel Core i5-6500 ベンチマーク、テスト、および仕様

最終更新:
Intel Core i5-6500 は Q3/2015 にリリースされ、4 コアがあります。 プロセッサは 4 スレッドを同時に処理でき、ソケット LGA 1151 を備えたメインボードを使用します。 Geekbench 5 ベンチマークでは、Intel Core i5-6500902 ポイント (シングルコア) または 2,956 ポイント (マルチコア) の結果を達成しました。 -芯)。
Intel Core i5-6500

CPU系統

この分類では、Intel Core i5-6500 がプロセッサのどのグループに属しているかを確認できます。 Intel Core i5-6500 の直接の先行者と後継者も示します。

姓: Intel Core i5-6500
家族: Intel Core i5 (328)
CPUグループ: Intel Core i 6000 (24)
アーキテクチャ: Skylake S
セグメント: Desktop / Server
世代: 6
前任者: --
後継: Intel Core i5-7500

CPU コアとクロック周波数

Intel Core i5-6500 には 4 コアがあります。 Intel Core i5-6500 のクロック周波数は 3.20 GHz (3.60 GHz) です。 初期のパフォーマンス評価は、CPU コアの数を使用して行うことができます。

CPU コア / Threads: 4 / 4
コアアーキテクチャ: normal
コア: 4x
ハイパースレッディング / SMT: いいえ
オーバークロック可能: いいえ
クロック周波数: 3.20 GHz
ターボ クロック周波数 (1 コア): 3.60 GHz
ターボ クロック周波数 (4 コア): 3.40 GHz

内部グラフィック

Intel Core i5-6500 には、システムがビデオを効率的に再生するなどに使用できるグラフィックスが統合されています。 Intel Core i5-6500 には、24 ストリーミング マルチプロセッサ (192 シェーダ) を備えた Intel HD Graphics 530 がインストールされています。

グラフィック: Intel HD Graphics 530
グラフィック クロック周波数: 0.35 GHz
GPU (ターボ): 1.15 GHz
ユニット: 24
Shader: 192
Hardware Raytracing: いいえ
リリース日: Q3/2015
最大画面サイズ: 3
Generation: 9
Direct X: 12
技術: 14 nm
最大メモリ容量: 32 GB
Frame Generation: いいえ

ハードウェア コーデック サポート

グラフィックスが統合されたプロセッサは、これらのビデオ コーデックを使用してより高速に処理できます。 最新のコーデックのサポートにより、ビデオ再生時のシステム効率が大幅に向上します。

h265 / HEVC (8 bit): 復号化/符号化
h265 / HEVC (10 bit): 復号化
h264: 復号化/符号化
VP8: 復号化/符号化
VP9: 復号化
AV1: いいえ
AVC: 復号化/符号化
VC-1: 復号化
JPEG: 復号化/符号化

RAM & PCIe

Intel Core i5-6500 は、最大 64 GB のメモリをサポートします。 メインボードに応じて、プロセッサは最大 2 (Dual Channel) のメモリ チャネルを使用できます。 これにより、メイン メモリの最大帯域幅は 34.1 GB/s になります。

メモリ種別: メモリ帯域幅:
DDR4-2133
34.1 GB/s
最大メモリ容量: 64 GB
メモリ チャンネル: 2 (Dual Channel)
ECC: いいえ
PCIe: 3.0 x 16
PCIe 帯域幅: 15.8 GB/s

熱管理

Intel Core i5-6500 の TDP は 65 W です。 TDP に基づいて、システム メーカーは冷却ソリューションをプロセッサーに適合させることができ、またそうしなければなりません。

TDP (PL1 / PBP): 65 W
TDP (PL2): --
TDP up: --
TDP down: --
Tjunction max.: --

技術データ

最新の生産では、プロセッサーの廃熱が削減され、効率が向上します。 Intel Core i5-6500 は 14 nm で作成されており、6.00 MB キャッシュがあります。

技術: 14 nm
チップ設計: モノリシック
ソケット: LGA 1151
L2-Cache: --
L3-Cache: 6.00 MB
AES-NI: はい
オペレーティングシステム: Windows 10, Linux
仮想化: VT-x, VT-x EPT, VT-d
指図書 (ISA): x86-64 (64 bit)
ISA拡張機能: SSE4.1, SSE4.2, AVX2
リリース日: Q3/2015
発売価格: 250 $
部品番号: --
ドキュメント: テクニカルデータシート

ベンチマーク

Verified Benchmark results
Intel Core i5-6500のベンチマーク結果は、私たちによって注意深くチェックされています。 私たちは、私たちが作成した、または訪問者によって提出され、チームメンバーによってチェックされたベンチマーク結果のみを公開します。 すべての結果は、ベンチマークガイドライン に基づいて作成されています。


Cinebench 2024 (Single-Core)

Cinebench 2024 ベンチマークは、Maxon の 3D プログラム Cinema 4D でも使用されている Redshift レンダリング エンジンに基づいています。 ベンチマークの実行はそれぞれ 10 分間行われ、プロセッサーの発熱が制限されているかどうかをテストします。
AMD Ryzen 7 1700 AMD Ryzen 7 1700
8C 16T @ 3.70 GHz
57
Valve Steam Deck (2023 Refresh) Valve Steam Deck (2023 Refresh)
4C 8T @ 3.50 GHz
57
Valve Steam Deck (AMD Custom APU 0405) Valve Steam Deck (AMD Custom APU 0405)
4C 8T @ 3.50 GHz
57
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
56
Intel Core i3-8109U Intel Core i3-8109U
2C 4T @ 3.60 GHz
55
Intel Core i5-8350U Intel Core i5-8350U
4C 8T @ 3.60 GHz
55
Intel Core i7-5960X Intel Core i7-5960X
8C 16T @ 3.50 GHz
55

Cinebench 2024 (Multi-Core)

Cinebench 2024 ベンチマークのマルチコア テストでは、すべての CPU コアを使用して、Maxons Cinema 4D でも使用されている Redshift レンダリング エンジンを使用してレンダリングします。 ベンチマークの実行時間は 10 分間で、プロセッサーの発熱が制限されているかどうかをテストします。
Intel Core i7-4790 Intel Core i7-4790
4C 8T @ 4.00 GHz
231
AMD Ryzen 5 3500U AMD Ryzen 5 3500U
4C 8T @ 3.70 GHz
228
AMD Ryzen 5 PRO 3500U AMD Ryzen 5 PRO 3500U
4C 8T @ 3.70 GHz
228
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
222
Intel Core i5-6600K Intel Core i5-6600K
4C 4T @ 3.90 GHz
222
Intel Core i5-1135G7 Intel Core i5-1135G7
4C 8T @ 4.20 GHz
219
AMD Ryzen 3 3200G AMD Ryzen 3 3200G
4C 4T @ 4.00 GHz
205

Cinebench R23 (Single-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i5-8600T Intel Core i5-8600T
6C 6T @ 3.70 GHz
937
AMD Ryzen 5 1600 AF AMD Ryzen 5 1600 AF
6C 12T @ 3.60 GHz
931
Intel Core i5-7400 Intel Core i5-7400
4C 4T @ 3.50 GHz
925
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
923
Intel Core i7-7700HQ Intel Core i7-7700HQ
4C 8T @ 3.80 GHz
921
Intel Core i3-N300 Intel Core i3-N300
8C 8T @ 3.80 GHz
920
Intel Processor N95 Intel Processor N95
4C 4T @ 3.40 GHz
918

Cinebench R23 (Multi-Core)

Cinebench R23 は Cinebench R20 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i3-7350K Intel Core i3-7350K
2C 4T @ 4.20 GHz
3136
Intel Core i5-1130G7 Intel Core i5-1130G7
4C 8T @ 3.40 GHz
3129
Intel Core i5-8250U Intel Core i5-8250U
4C 8T @ 2.30 GHz
3118
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
3097
Intel Core i5-8350U Intel Core i5-8350U
4C 8T @ 2.40 GHz
2911
AMD Ryzen 5 PRO 2500U AMD Ryzen 5 PRO 2500U
4C 8T @ 3.00 GHz
2865
AMD Ryzen 5 2500U AMD Ryzen 5 2500U
4C 8T @ 3.00 GHz
2865

Geekbench 5, 64bit (Single-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i5-7360U Intel Core i5-7360U
2C 4T @ 3.60 GHz
903
Intel Core i7-4930MX Intel Core i7-4930MX
4C 8T @ 3.90 GHz
903
Intel Xeon E5-2660 v4 Intel Xeon E5-2660 v4
14C 28T @ 3.20 GHz
903
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
902
Intel Core i5-8305G Intel Core i5-8305G
4C 8T @ 3.80 GHz
902
Intel Core i5-5575R Intel Core i5-5575R
4C 4T @ 3.30 GHz
902
Intel Core i3-6100 Intel Core i3-6100
2C 4T @ 3.70 GHz
901

Geekbench 5, 64bit (Multi-Core)

Geekbench 5ベンチマークはプロセッサの性能を測定するものであり、それには RAM も含まれます。より高速なメモリの場合、結果が大幅に改善されます。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i5-1030NG7 Intel Core i5-1030NG7
4C 8T @ 3.20 GHz
2963
Intel Xeon D-1527 Intel Xeon D-1527
4C 8T @ 2.20 GHz
2963
Intel Core i7-4750HQ Intel Core i7-4750HQ
4C 8T @ 2.80 GHz
2960
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
2956
Intel Core i5-8250U Intel Core i5-8250U
4C 8T @ 2.30 GHz
2956
Intel Core i5-6440EQ Intel Core i5-6440EQ
4C 4T @ 3.00 GHz
2956
Intel Xeon D-1520 Intel Xeon D-1520
4C 8T @ 2.20 GHz
2948

Geekbench 6 (Single-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 シングルコア ベンチマークは、最速の CPU コアのパフォーマンスのみを評価します。ここでは、プロセッサ内の CPU コアの数は関係ありません。
Intel Core i5-9500T Intel Core i5-9500T
6C 6T @ 3.70 GHz
1189
Intel Xeon Silver 4208 Intel Xeon Silver 4208
8C 16T @ 3.20 GHz
1189
Intel Xeon Gold 6142 Intel Xeon Gold 6142
16C 32T @ 3.70 GHz
1188
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
1186
Intel Core i7-4790T Intel Core i7-4790T
4C 8T @ 3.90 GHz
1186
Intel Core i3-8109U Intel Core i3-8109U
2C 4T @ 3.60 GHz
1185
AMD Ryzen 5 PRO 3400G AMD Ryzen 5 PRO 3400G
4C 8T @ 4.20 GHz
1183

Geekbench 6 (Multi-Core)

Geekbench 6 は、最新のコンピューター、ノートブック、スマートフォンのベンチマークです。 新しいのは、たとえば big.LITTLE コンセプトに基づいてさまざまなサイズの CPU コアを組み合わせるなど、新しい CPU アーキテクチャの最適化された利用です。 マルチコア ベンチマークは、プロセッサのすべての CPU コアのパフォーマンスを評価します。 AMD SMT や Intel のハイパースレッディングなどの仮想スレッドの改善は、ベンチマークの結果にプラスの影響を与えます。
Intel Core i7-4712HQ Intel Core i7-4712HQ
4C 8T @ 2.30 GHz
3316
AMD Ryzen 7 3750H AMD Ryzen 7 3750H
4C 8T @ 3.50 GHz
3314
Intel Core i5-8250U Intel Core i5-8250U
4C 8T @ 2.30 GHz
3311
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
3305
AMD Ryzen 3 2300X AMD Ryzen 3 2300X
4C 4T @ 3.80 GHz
3279
AMD Ryzen 3 3200G AMD Ryzen 3 3200G
4C 4T @ 3.80 GHz
3276
Intel Core i7-5750HQ Intel Core i7-5750HQ
4C 8T @ 3.10 GHz
3276

Cinebench R20 (Single-Core)

Cinebench R20 は Cinebench R15 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Pentium Gold G6400T Intel Pentium Gold G6400T
2C 4T @ 3.40 GHz
356
Intel Core i7-4770 Intel Core i7-4770
4C 8T @ 3.90 GHz
355
Intel Core i7-8705G Intel Core i7-8705G
4C 8T @ 4.10 GHz
355
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
354
AMD Ryzen 3 1200 [12nm] AMD Ryzen 3 1200 [12nm]
4C 4T @ 3.40 GHz
354
Intel Core i7-8550U Intel Core i7-8550U
4C 8T @ 4.00 GHz
354
Intel Core i7-7500U Intel Core i7-7500U
2C 4T @ 3.50 GHz
354

Cinebench R20 (Multi-Core)

Cinebench R20 は Cinebench R15 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i7-4770 Intel Core i7-4770
4C 8T @ 3.60 GHz
1349
AMD Ryzen 3 2200G AMD Ryzen 3 2200G
4C 4T @ 3.65 GHz
1307
AMD Ryzen 3 PRO 2200G AMD Ryzen 3 PRO 2200G
4C 4T @ 3.65 GHz
1307
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
1299
Intel Core i7-8650U Intel Core i7-8650U
4C 8T @ 2.60 GHz
1299
AMD FX-8350 AMD FX-8350
8C 8T @ 4.10 GHz
1298
AMD Phenom II X6 1090T AMD Phenom II X6 1090T
6C 6T @ 3.60 GHz
1288

iGPU-FP32パフォーマンス(単精度GFLOPS)

GFLOPSの単純な精度(32ビット)でのプロセッサーの内部グラフィックスユニットの理論上の計算パフォーマンス。 GFLOPSは、iGPUが1秒間に実行できる浮動小数点演算の数を示します。
Intel Core i5-6600K Intel Core i5-6600K
Intel HD Graphics 530 @ 1.15 GHz
442
Intel Core i7-6700 Intel Core i7-6700
Intel HD Graphics 530 @ 1.15 GHz
442
Intel Core i7-6700K Intel Core i7-6700K
Intel HD Graphics 530 @ 1.15 GHz
442
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
Intel HD Graphics 530 @ 1.15 GHz
442
Intel Core i5-10210U Intel Core i5-10210U
Intel UHD Graphics (Comet Lake) @ 1.10 GHz
441
AMD RX-416GD AMD RX-416GD
AMD Radeon R6 (Merlin Falcon) @ 0.58 GHz
440
Intel Core i7-4940MX Intel Core i7-4940MX
Intel HD Graphics 4600 @ 1.35 GHz
432

Blender 3.1 Benchmark

Blender Benchmark 3.1では、シーン「モンスター」、「ジャンクショップ」、「教室」がレンダリングされ、システムに必要な時間が測定されます。 ベンチマークでは、グラフィックカードではなくCPUをテストします。 Blender 3.1は、2022年3月にスタンドアロンバージョンとして発表されました。
AMD Ryzen 5 2400G AMD Ryzen 5 2400G
4C 8T @ 3.70 GHz
59
AMD Ryzen 5 PRO 2400G AMD Ryzen 5 PRO 2400G
4C 8T @ 3.70 GHz
59
Intel Core i7-6820HQ Intel Core i7-6820HQ
4C 8T @ 3.20 GHz
59
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
57
Intel Core i7-8565U Intel Core i7-8565U
4C 8T @ 2.40 GHz
55
Intel Core i5-8259U Intel Core i5-8259U
4C 8T @ 3.20 GHz
52
Intel Core i5-4670 Intel Core i5-4670
4C 4T @ 3.60 GHz
51

PassMark CPU Markの期待される結果

弊社ではここで掲載されている全てのプロセッサを試験してはいません。結果の一部には定式により独自に算出されたものもあり、PassMark 社により提供されている CPU マークの結果とは異なる場合もあり、PassMark Software Pty Ltd に依存するものではありません。PassMark CPUマークは、プロセッサの速度を測定するための素数を生成するものです。ここでは、全ての CPU コアおよびハイパースレッディングが使用されます。
Intel Core i7-4700HQ Intel Core i7-4700HQ
4C 8T @ 3.00 GHz
5652
Intel Core i7-3920XM Intel Core i7-3920XM
4C 8T @ 2.90 GHz
5648
Intel Core i7-4750HQ Intel Core i7-4750HQ
4C 8T @ 2.80 GHz
5644
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
5642
Intel Core i7-4710MQ Intel Core i7-4710MQ
4C 8T @ 2.50 GHz
5614
Intel Core i5-7440HQ Intel Core i5-7440HQ
4C 4T @ 3.40 GHz
5603
Intel Core i5-4690 Intel Core i5-4690
4C 4T @ 3.70 GHz
5602

Blender 2.81 (bmw27)

Blenderは、3Dボディをレンダリング(作成)するための無料の3Dグラフィックソフトウェアであり、ソフトウェアでテクスチャリングおよびアニメーション化することもできます。 Blenderベンチマークは、事前定義されたシーンを作成し、シーン全体に必要な時間を測定します。 必要な時間が短いほど良いです。 ベンチマークシーンとして「bmw27」を選択しました。
Intel Core i3-9100F Intel Core i3-9100F
4C 4T @ 3.80 GHz
634
Intel Core i5-8265U Intel Core i5-8265U
4C 8T @ 2.30 GHz
637.2
Intel Core i5-7500 Intel Core i5-7500
4C 4T @ 3.60 GHz
638.4
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
642.1
Intel Core i7-4700MQ Intel Core i7-4700MQ
4C 8T @ 3.00 GHz
652.7
Intel Core i5-4670 Intel Core i5-4670
4C 4T @ 3.60 GHz
654
Intel Core i7-8550U Intel Core i7-8550U
4C 8T @ 2.40 GHz
671.5

CPU-Z Benchmark 17 (Single-Core)

CPU-Zベンチマークは、システムがすべてのベンチマーク計算を完了するのにかかる時間を測定することにより、プロセッサーのパフォーマンスを測定します。 ベンチマークが完了するのが早いほど、スコアは高くなります。
Intel Core i5-3570K Intel Core i5-3570K
4C 4T @ 3.80 GHz
384
Intel Core i5-7400 Intel Core i5-7400
4C 4T @ 3.30 GHz
384
Intel Core i7-3770K Intel Core i7-3770K
4C 8T @ 3.90 GHz
384
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
383
Intel Processor N100 Intel Processor N100
4C 4T @ 3.00 GHz
379
Intel Xeon E3-1231 v3 Intel Xeon E3-1231 v3
4C 8T @ 3.80 GHz
379
Intel Core i7-8550U Intel Core i7-8550U
4C 8T @ 2.40 GHz
378

CPU-Z Benchmark 17 (Multi-Core)

CPU-Zベンチマークは、システムがすべてのベンチマーク計算を完了するのにかかる時間を測定することにより、プロセッサーのパフォーマンスを測定します。 ベンチマークが完了するのが早いほど、スコアは高くなります。
Intel Core i5-4590 Intel Core i5-4590
4C 4T @ 3.30 GHz
1496
AMD Ryzen 5 2500U AMD Ryzen 5 2500U
4C 8T @ 2.00 GHz
1462
Intel Core i7-4700MQ Intel Core i7-4700MQ
4C 8T @ 2.40 GHz
1455
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.20 GHz
1453
Intel Core i5-4570 Intel Core i5-4570
4C 4T @ 3.20 GHz
1453
Intel Core i7-875K Intel Core i7-875K
4C 8T @ 2.93 GHz
1447
Intel Core i5-3570K Intel Core i5-3570K
4C 4T @ 3.40 GHz
1447

Cinebench R15 (Single-Core)

Cinebench R15 は Cinebench 11.5 をさらに発展させたものであり、同じく 3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。シングルコア試験では CPU コアが一つのみ使用され、コアの数やハイパースレッディングが結果に影響することはありません。
Intel Core i7-5775R Intel Core i7-5775R
4C 8T @ 3.80 GHz
154
Intel Core i7-6700T Intel Core i7-6700T
4C 8T @ 3.60 GHz
154
Intel Xeon E5-2687W v2 Intel Xeon E5-2687W v2
8C 16T @ 4.00 GHz
154
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.60 GHz
153
Intel Core i7-4980HQ Intel Core i7-4980HQ
4C 8T @ 4.00 GHz
153
Intel Core i3-8109U Intel Core i3-8109U
2C 4T @ 3.60 GHz
153
Intel Core i5-7360U Intel Core i5-7360U
2C 4T @ 3.60 GHz
153

Cinebench R15 (Multi-Core)

Cinebench R15 は Cinebench 11.5 をさらに発展させたものであり、同じく3D コンテンツと形状を生成するために世界中で使用されているプログラムである Cinema 4D Suite に基づくものです。マルチコア試験は全ての CPU コアを含み、ハイパースレッディングから多くの恩恵を受けます。
Intel Core i7-4700HQ Intel Core i7-4700HQ
4C 8T @ 3.00 GHz
568
Intel Core i7-4700MQ Intel Core i7-4700MQ
4C 8T @ 3.00 GHz
568
Intel Xeon E3-1225 v5 Intel Xeon E3-1225 v5
4C 4T @ 3.50 GHz
568
Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500
4C 4T @ 3.40 GHz
565
Intel Core i7-8550U Intel Core i7-8550U
4C 8T @ 2.40 GHz
564
Intel Xeon E3-1220 v6 Intel Xeon E3-1220 v6
4C 4T @ 3.30 GHz
564
Intel Core i5-7400 Intel Core i5-7400
4C 4T @ 3.30 GHz
564

ベンチマーク


プロセッサの説明

Intel Core I5-6500は、IntelのCORE-I5シリーズからの6世代のプロセッサです。 IntelのCPUプログラムのスカイラキアーキテクチャに基づいており、14ナノメートルで製造されています。市場打ち上げは2015年第3四半期に開催されました。

Intel Core I5-6500は4.20ギガヘルツのクロック周波数を持つ4つの物理コアを持っています。いわゆるターボモーダスでは、プロセッサはクロックを最大3.60ギガヘルツに増やすことができます。しかしながら、これは単一のプロセッサコアの利用によってのみ可能であり、全てのコアは全部3.40ギガヘルツまでのビートを増加させると主張される。プロセッサはオーバークロックすることはできず、ハイパースレッドをサポートしていないため、上記のクロックレートと4つの物理コアのままです。

Intel Core I5-6500には、Intel HDグラフィックス530という名前の内部グラフィックスユニットがあります。このグラフィックスユニットは、350メガヘルツの基本クロックと1.15ギガヘルツの最大ダイナミッククロック周波数です。 IntelのGraphicsユニットの9世代から発信されたIntel HDグラフィックス530は、バージョン12のMicrosoftのDirectXおよびバージョン4.5のOpenGLをサポートしています。グラフィックスユニットでは、最大3つのモニタを並行して操作できます。 HDMI接続では、最大24ヘルツと4096 x 2304から最大60ヘルツまでの表示ポートで4096 x 2304の最大解像度が可能です。

メインメモリは、1866と2133 MegahertzとType DDR4のIntel Core I5-6500モジュールをサポートし、それぞれ1333と1600 MegahertzでDDR3Lを入力します。 2つのストレージチャネルを介してアドレス指定できるメモリの最大サイズは64ギガバイトにすることができます。 ECCストレージモジュールはプロセッサによってサポートされていません。

さらに、すべての仮想化技術とAES-NI暗号化は、Intel Core I5-6500によってサポートされています。



人気比較

1. Intel Core i5-6400 Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6400 vs Intel Core i5-6500
2. Intel Core i5-4590 Intel Core i5-6500 Intel Core i5-4590 vs Intel Core i5-6500
3. Intel Core i5-6500 Intel Core i5-4460 Intel Core i5-6500 vs Intel Core i5-4460
4. Intel Core i5-6500T Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6500T vs Intel Core i5-6500
5. Intel Core i5-6500 Intel Core i7-6700 Intel Core i5-6500 vs Intel Core i7-6700
6. Intel Core i3-6100 Intel Core i5-6500 Intel Core i3-6100 vs Intel Core i5-6500
7. Intel Core i5-6500 Intel Core i5-4690 Intel Core i5-6500 vs Intel Core i5-4690
8. Intel Core i5-6600 Intel Core i5-6500 Intel Core i5-6600 vs Intel Core i5-6500
9. Intel Core i5-7500 Intel Core i5-6500 Intel Core i5-7500 vs Intel Core i5-6500
10. Intel Core i5-6500 Intel Core i5-4570 Intel Core i5-6500 vs Intel Core i5-4570


ホームページに戻る